テニスの全豪オープン車いすの部女子シングルスで初優勝した上地結衣選手(22)=兵庫県明石市出身=がこのほど、母校の明石商業高校(同市魚住町長坂寺)で初めて講演した。これまでの競技生活や高校時代を振り返り、「目の前のことに全力で取り組んでほしい」と生徒に呼び掛けた。

 世界を舞台に活躍する卒業生の経験談を通し、在校生に自らの生き方を考えてもらおうと、同校が依頼。生徒や教職員ら約650人が講演に聴き入った。

 上地選手は高校卒業後に競技から離れるつもりだったが、同校3年時にロンドン・パラリンピックに出場した際、ほかの選手を応援しているうちに考えが変わったことを明かした。同校の教員らとも相談し、...    
<記事全文を読む>