大相撲の佐渡ケ嶽親方と力士らが8日、神戸市長田区鹿松町2の特別養護老人ホーム「長田すみれ園」を訪れた。大相撲の巡業で披露される囃子(はやし)歌「甚句」が披露され、親方らと握手した約100人のお年寄りに笑顔が広がった。(杉山雅崇) 甚句の愛好団体で、市内の老人福祉施設などで定期的に甚句を紹介している「神戸相撲甚句会」が企画。同会会員の大川日出幸さん(73)が、佐渡ケ嶽親方と親交があり、訪問が実現した。

...    
<記事全文を読む>