大相撲春場所に東十両12枚目で挑む朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は8日、北日本新聞社から出世魚のブリが刺しゅうされた化粧まわしを贈呈された。初日の土俵入りで初披露する予定で、朝乃山は「早くブリの化粧まわしを締めて土俵入りしたい」と声を弾ませた。

 部屋宿舎の久成寺(大阪市中央区)で贈呈式が行われ、板倉社長が「大関、横綱を目指してほしい」とあいさつ。朝乃山は真新しい化粧まわしをじっくり眺め「格好良くて一目ぼれした。春場所では勝ち越しを目指す」と笑顔で話した。高砂親方(元大関・朝潮)は「ブリのごとく出世して、年内に幕内入りしてほしい」と活躍を期待した。

 この日、朝乃山は母校・近...    
<記事全文を読む>