トリノ五輪金メダリストで、プロフィギュアスケーターの荒川静香さんを招いた「特別レッスン会」が7日、兵庫県姫路市豊富町神谷の姫路セントラルパークであった。市内外から小中学生約90人が参加し、荒川さんのエキシビション(模範滑走)に見とれていた。

 市スケート協会が、市体育協会創立70周年を記念して企画。同パークで指導を受ける経験者に加え、初心者の子どもらも参加した。

 指導はレベルごとに3回あり、初心者は真っすぐ進む練習、中・上級者は高度なターンや回転ジャンプに挑戦した。

 荒川さんは手本を示し「上半身の力を抜いて、下半身で(滑りを)コントロールして」などと指導。リンク上で記念撮影して、レッスン...    
<記事全文を読む>