甲南大を中心とした柔道の神戸市友好使節団22人が9~17日、カナダを訪問する。現地の大会に出場するなどし、競技を通じて国際交流を深める。

 1987年から兵庫の柔道関係者が中国やフランス、ブータンなどを訪問し、今回が9度目。カナダの全国規模の大会にエントリーしており、武庫川女大の石名田真由(21)は「海外の柔道スタイルを体感したい。一つでも多く勝つ」と意気込む。

 カナダは、フランスなど欧州に比べて柔道が普及していないといい、現地では競技者への聞き取りを通じて実態を研究する。

 団長を務める甲南大柔道部の山崎俊輔部長(61)は「ともに柔道に打ち込むカナダの仲間と出会い、選手にも実情を知ってほ...    
<記事全文を読む>