沖縄空手会館の開館に合わせ「空手シンポジウム」が4日、同館で行われた。県立博物館・美術館の田名真之館長が基調講演したほか、8人の空手関係者が登壇した。東京五輪の競技種目になる世界的な広がりや、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録の必要性など、競技空手と伝統空手の相互発展を含め、意見交換した。

...    
<記事全文を読む>