2020年・東京五輪の事前合宿で互いに協力を進めるため、沖縄県と沖縄市は6日、ニュージーランド空手連盟と協定を結んだ。県庁で開いた締結式には浦崎唯昭副知事と桑江朝千夫沖縄市長、同連盟のデニス・メイ会長らが参加。協定書にサインをして、同連盟の県内合宿で互いに連携することなどを確認した。3者は協定が空手道の普及・発展のほか、空手を通した相互の交流に貢献することに期待を寄せている。

 締結式を前に、空手のナショナルチームでは初めて、ニュージランド代表チームが沖縄を訪れており、1日から8日まで県内で合宿中。4日に会館した沖縄空手会館(豊見城市)などでトレーニングを積んでいる。同会館を活用する海外...    
<記事全文を読む>