2歳から13歳まで沖縄市で育ったニーナ・エドガー(15)が、東京五輪の出場を目指して技に磨きをかけている。空手のニュージランド代表にも選ばれ、1日から沖縄県内で行われている合宿にも参加している。「オリンピックは小さいころからの夢だ。形での出場を目指して頑張りたい」と拳を握った。

 ニュージーランドで生まれ、2歳で母親の親族がいる沖縄に移り住んだ。5歳の時に空手と出合い、「真剣さを目で伝える姿がほかのスポーツにはない」と魅力を感じて競技を始めた。県内でも大会上位に入るほどの実力を身に付け、比屋根小学校を卒業した後にニュージーランドに戻った。

 2015年の剛柔流世界大会の形競技で優勝したほか...    
<記事全文を読む>