フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(15~19日・台北)に、岡山から男子シングルの島田高志郎(就実中3年)が初出場する。ジュニア(19歳以下)世界最高峰の舞台に臨む日本のホープは「ショートプログラム(SP)、フリー両方を完璧にまとめ、上位進出を目指す」と最終調整に励んでいる。

 ジュニア2年目の島田は今季、ジュニアグランプリ(GP)シリーズのフランス大会で3位表彰台に立ち、エストニア大会では203・29点で自己ベストを更新して4位。GPシリーズでの活躍や、2年連続出場した全日本選手権でシニア選手と争い7位に入ったことが評価され、世界ジュニアの日本代表に選ばれた。

 本番に向けてプログラ...    
<記事全文を読む>