兵庫県篠山市を本拠地とし、幼児からシニアまでのチームが統合してホッケーのクラブ「HC HYOGO HEARTS(ハーツ)」が発足した。既存のクラブは同年代が多いが、ハーツは世代を超えて競技に親しむ環境を整備する。県ホッケー協会によると、多世代が属し、トッププレーヤーを目指す育成型クラブは県内初という。

 2006年の「のじぎく兵庫国体」で開催地となって以降、篠山市にはホッケーが根付いてきた。

 同協会によると、県内では小学生や社会人など19のチームが登録。ハーツには、篠山市内で活動する9チームが3月末までに解散して参加するほか、西宮で活動する団体なども加わり、4月から活動を本格化させる。

 ...    
<記事全文を読む>