田辺ジュニア体操クラブは5日、和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパークで演技交流会を開いた。幼児、小中学生、高校生、大人の約160人が、鉄棒やゆかなどの演技を披露し、観客に体操の魅力を伝えた。

 田辺体操教室や明洋中学校体操部、田辺工業高校体操部が協力。体操の良さを広めようと、昨年から一般の観覧を呼び掛けて開催している。この日は保護者ら約400人が来場した。

 模範演技では、中高生と田辺ジュニア体操クラブコーチの計35人が出演。田辺工業高を卒業し、4月から日本大学に進学して体操を続ける筒井宏樹君(18)がゆかの演技を披露した。田辺ジュニア体操クラブコーチで、21歳以下の体操日本代表に...    
<記事全文を読む>