3月12日が初日の大相撲春場所を前に高知県宿毛市出身の豊ノ島(33)=本名梶原大樹、時津風部屋=の激励会が4日、大阪市内で相次いで開かれた。母校の宿毛高校同窓会関西支部の有志でつくる会と、関西の高知県人会員らの「関西豊ノ島関を励ます会」が開催。大けがから復帰した豊ノ島は、東幕下2枚目で「春場所は幕下優勝して十両復帰を決める」と力強く誓った。

...    
<記事全文を読む>