【北海道北見市で運動部・及川慶修】カーリングの日本混合ダブルス選手権最終日は5日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで行われ、本県の苫米地賢司、美智子夫妻で組む苫米地は準決勝、3位決定戦で敗れ4位だった。準優勝以上で可能性が残った来年の平昌冬季五輪出場はなくなった。

 苫米地組は準決勝で前回準優勝のチーム青木(北海道)に5-6、3位決定戦は日本協会推薦のチーム松村(北海道)に延長の末、5-6で敗れた。

 決勝は4人制の女子日本代表で五輪に3大会出場した小笠原歩、元女子代表監督の阿部晋也が組んだ日本協会推薦のチーム阿部(北海道)がチーム青木に6-3で勝ち、初優勝した。チーム阿部...    
<記事全文を読む>