アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは5日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸でハイワンとの第2戦に臨み、延長の末、3―2で競り勝って勝ち点を82に伸ばし、4位をキープ。5位日本製紙がサハリンに敗れたため、勝ち点差は3に広がった。

 ブレイズは1―1で迎えた第2ピリオド終了間際、マット・ポープのゴールで勝ち越し。第3ピリオドに追い付かれ突入した延長戦では、3分に平野裕志朗の強烈なシュートが決まり、幕引きした。

 レギュラーシーズン最終戦となるハイワンとの第3戦は7日、同会場で午後7時フェースオフ。

...    
<記事全文を読む>