目標は五輪 一歩踏み出す 能登半島の先端から、六人の若きアスリートが全国に挑む。十日から三日間の日程で開かれる「JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニアウエートリフティング選手権大会」に、二〇一二年に珠洲市で創設された重量挙げ教室「スズドリームクラブ」の中高生が挑戦する。昨年、クラブから初めて同大会に三人が出場。今年は倍の六人が五輪出場を目標に、第一歩を踏み出す。(岡本真穂) 女子48キロ級に出場する山下笑佳(えみか)さん(13)=緑丘中一年、男子62キロ級の山下立真(たつま)さん(14)=同二年、同77キロ級の山下憲一さん(16)=飯田高一年=はきょうだい。笑佳さんは昨年、大...    
<記事全文を読む>