聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」(7月、トルコ)出場が内定している津田(沼津聴覚特別支援学校)が2種目に出場。本番を想定してレースに臨んだ。

 午前9時半に男子400メートル自由形に出場し、4時間半後に100メートルバタフライを泳いだ。記録には不満が残ったが、「待ち時間の使い方などを意識できた」と振り返った。

 デフリンピックは得意の1500メートル自由形でメダルを目指す。「楽しんで泳ぎたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>