ハンドボールの日本リーグ第20週第1日は4日、3試合を行い、女子の部暫定4位のソニーセミコンダクタは北國銀行に敗れ、勝ち点17でレギュラーシーズンを終えた。

 勝ち点16で5位の三重バイオレットアイリスは、5日のHC名古屋戦の引き分け以上で、プレーオフ進出圏内の4位が確定する。

 日本ハンドボールリーグの順位決定方式は勝ち点方式(勝ち2点、引き分け1点、負け0点)が大前提。

 勝ち点で並んだ場合、当該チーム間の対戦成績で順位を決めるとしており、三重バイオレットアイリスはソニーSCに3戦3勝で完勝している。

...    
<記事全文を読む>