バイアスロンの第13回西日本選手権は4日、南砺市西赤尾町(上平)の上平バイアスロン競技場で開幕し、初日のスプリント4・5キロは山本諭(富山県連盟)が13分25秒3で連覇を達成した。

 スプリント種目には7都府県の21人が出場。1周1・5キロのクロスカントリースキーコースを3周する間にライフル射撃の立射と伏射を1回ずつ行い、50メートル離れた的を狙ってそれぞれ5発ずつ撃った。外した回数だけ1周150メートルのペナルティーコースを回るルールでタイムを競った。

 大会は2005年から上平で開催している。昨年の第12回は雪不足で中止となり、開催は2年ぶりとなる。

 最終日の5日はパシュート7・5キロ...    
<記事全文を読む>