アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは4日、北京で最下位のドラゴン(中国)と対戦、3-1で競り勝ち、レギュラーリーグ6位が確定。2年連続のプレーオフ進出を決めた。

 バックスは第1ピリオド3分にFWマーク・ディレイゴが先制ゴール。第2ピリオド終了間際に追い付かれたが、第3ピリオド3分に2人多いパワープレーの好機を生かし、ディレイゴが勝ち越しゴール。同6分にもパワープレーからFW斎藤毅(さいとうたけし)が追加点を挙げた。

 バックスの通算成績は21勝23敗で勝ち点60。7位のハイワン(韓国)が残り試合に全勝してもバックスの勝ち点に届かなくなった。プレーオフのファーストステー...    
<記事全文を読む>