「第35回全日本スノーボード選手権関東・東北大会in会津」で優勝した牛久市立向台小5年の荻原大翔(ひろと)さん(11)が、牛久市の根本洋治市長を表敬訪問し、優勝を報告した。

 荻原さんは3歳からスノーボードを始めた。2月9日に福島県南会津町の会津高原南郷スキー場で開催された大会で一般男子スロープスタイルに出場。並み居る大人のボーダーたち相手に華麗なテクニックを披露し、初優勝を果たした。

 根本市長が「競技中の映像を見たが、ダイナミックな滑りにびっくりした」と感想を伝えると、荻原さんは「初優勝なのでうれしい。次の大会でも自分でできることを頑張って優勝したい」と健闘を誓っていた。

 (坂入基之)...    
<記事全文を読む>