空手発祥の地・沖縄の発信拠点として期待されている沖縄空手会館が4日、豊見城市豊見城の豊見城城址公園跡地で落成した。国内外の空手関係者や県内経済団体、体育関係団体などから約700人が落成記念式典に参加し、沖縄空手の新たなステージを共に迎えた。世界各地に空手愛好家は1億人以上いるとされ、今後、沖縄空手の象徴となる同会館への来訪や、空手のユネスコ無形文化遺産登録推進などが期待される。

 空手関係者らによる記念植樹をはじめ、県無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者らによる演武、テープカット、泡盛の甕(かめ)入りセレモニー、落成記念式典などが開催された。

 翁長雄志知事は「沖縄空手会館は空手発祥の地...    
<記事全文を読む>