大相撲春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)を前に、白鵬、鶴竜、日馬富士、稀勢の里の4横綱が4日、大阪市住吉区の住吉大社で奉納土俵入りを行った。

 新横綱の稀勢の里は太刀持ちの高安、露払いの松鳳山を従え、あつらえたばかりの三つぞろいの化粧まわしを締めて登場。昨年より1000人多い約3500人のファンからひときわ大きな歓声を浴びた。

 全国の後援者の寄付でつくられた化粧まわしとあって、新横綱は「自分一人の物じゃないという気持ちがあった」と感謝しながら力強い土俵入りを披露。春場所初日まで1週間。「体も張ってきたし、あと少し修正するだけ。だいぶ仕上がりはいい。いい調整をして、千秋楽でいい結...    
<記事全文を読む>