3月12日に初日を迎える大相撲春場所を前に、高知県の明徳義塾高校出身力士の激励会が3月3日夜、大阪市中央区のホテルで開かれた。関西在住の明徳高OBや家族らでつくる「明徳関西たんぽぽの会」(橘田旺龍会長)の主催で約40人が出席。幕内栃煌山関や十両東龍関ら6人の力士が活躍を誓った。

 力士は1人ずつ「ぐんと勝ち越したい」「暴れてみせます」と抱負を披露。旬を迎えている土佐ブンタンの早むき大会や、「明徳大好き」と話す歌手のう~みさんのミニコンサートでは、若手力士らが即興のダンスで会場を沸かせた。

...    
<記事全文を読む>