空手発祥の地・沖縄の発信拠点として期待されている沖縄空手会館が4日、豊見城市豊見城の豊見城城址公園跡地で落成した。国内外の空手関係者や県内経済団体などから約千人が落成記念式典に参加した。同日9時半から空手関係者らによる記念植樹、県無形文化財「沖縄の空手・古武道」保持者らによる演武、テープカットが行われた。

 沖縄伝統空手道振興会の喜友名朝孝理事長は「沖縄空手会館を通じて沖縄で発祥した空手を世界へ発信していきたい」と力を込めた。

...    
<記事全文を読む>