大相撲錣山部屋に入門した高川学園高校3年で元ラグビー部の原田将輝さん(18)=山口市宮野下=が、1月の初場所で新弟子検査に合格し初土俵を踏んだ。相撲経験はなく、稽古漬けの日々を送る。5日の卒業式を前に、「5年以内の幕下上位を目指す」と決意を新たにした。

 小、中学生の時は野球に打ち込むも控えの外野手だった。同高入学後はラグビー部に入部。身長183センチの高さを生かし、ロックとして昨秋の県大会準優勝に貢献した。

 相撲とは無縁の高校生活だったが、2年生だった2015年秋に転機が訪れた。講演で同校を訪れ、ラグビー部の練習を見学した下関市出身の立田川親方(元小結豊真将)にスカウトされた。原田さん...    
<記事全文を読む>