米国などで人気のスポーツ大会「Xゲーム」を山形市の蔵王温泉スキー場で開催しようと米国の関係者が構想の提案に動いている。Xゲームの施設などのデザインと建設を手掛ける米国の会社の副社長ビル・ミナデオさん(50)らで、蔵王の環境を気に入り「アクションスポーツを広げるためにも蔵王でXゲームをやりたい」としている。

 Xゲームはスケートボードや自転車のBMX、スノーボードやスキーなどで技術や速さを独自ルールで競う。国際的にも注目度は高く、大勢の観客が集まる。本県関係では過去に、2010年バンクーバー冬季五輪でスキークロスに出場した滝沢宏臣選手(山形中央高出)が上位に入った。

 ビルさんは2年前の8月...    
<記事全文を読む>