【北海道北見市で運動部・及川慶修】2018年平昌冬季五輪出場権を争う4月の世界選手権(カナダ)代表選考会を兼ねたカーリングの日本混合ダブルス選手権第3日は3日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで1次リーグが行われ、A組に入った本県の苫米地賢司、美智子夫妻で組む苫米地は、この日1勝1敗で通算3勝2敗となった。チーム末広(東京)に11-6で勝ったが、日本協会推薦のチーム松村(北海道)に5-6で競り負けた。

 苫米地は自力での準決勝進出(上位2組)がなくなり、厳しい状況に追い込まれた。4日はteam西宮(京都、5敗)、チーム札幌と対戦。連勝して通算5勝まで星を伸ばせば、上位チー...    
<記事全文を読む>