日本体育協会の国民体育大会(国体)委員会が2日、都内で会議を開き、青森県で2025年に開かれる第80回国体を含む、第78~81回大会本大会での実施競技数を37(36競技は毎年実施、2競技のうち一つを隔年実施)とする案をまとめた。毎年実施だったボクシングが隔年実施となり、代わりに銃剣道が毎年実施となる。8日の日体協理事会で正式に決まる。

...    
<記事全文を読む>