J2千葉は4日、午後2時からフクダ電子アリーナでホーム開幕戦を行い、山形と顔を合わせる。2日の公開練習後、エスナイデル監督は「相手陣地でボールを支配して(山形の)攻撃を減らす。僕らのサッカーを貫きたい」と意気込んだ。

 同日の実戦練習では「サイドを突け」と監督から指示が何度も下った。主力組の2トップは船山とラリベイが入り、攻撃の精度を高めた。指揮官は初陣の町田戦を「良い勝利」と振り返ったが、「われわれは体力負荷が多い分、もっとゴール場面での決定率を上げないと」と指摘する。

 昨季14位の山形は、2012年に千葉を率いた木山氏が今季監督に就任。1トップ2シャドーの布陣を用い、開幕戦は京都に2...    
<記事全文を読む>