大相撲東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)が2日、春場所(12日初日、エディオンアリーナ大阪)に向け、出稽古を始めた。行き先は同じ堺市に宿舎があり、人気のある幕内遠藤ら関取5人を擁する追手風部屋(師匠=元幕内大翔山)。御嶽海は勝ち残り指名方式の申し合い稽古に参加し、12番を取った。

 出羽海一門の本家に当たり、長い伝統への自負がある出羽海部屋は、御嶽海ら力士が他の一門の部屋に出稽古に行くことがない。ただ、大阪は同じ一門の各部屋宿舎の場所が遠く、御嶽海の調整具合を気に掛けた出羽海親方(元幕内小城乃花)が時津風一門の追手風部屋に出稽古を依頼した。

 御嶽海は遠藤のほか...    
<記事全文を読む>