スターフライヤー(北九州市小倉南区)は2日、同区出身で男子プロテニスプレーヤーの野口莉央選手(18)とサポート契約を結んだ。契約期間は1年間。

 野口選手は6歳でテニスを始め、インターハイ個人シングルスで優勝するなど多くのタイトルを獲得、2月にプロに転向したばかり。契約により、野口選手は同社が運航する国内5路線を一定回数、無料で利用できる。試合では「スターフライヤー」のロゴ入りウエアを着て臨むという。

 この日の契約締結式で、野口選手は「地元の期待に応え、東京五輪に出場できるよう3年後までに世界ランキング100位に入りたい」と抱負。同社の松石禎己社長は「今後も北九州の有望な選手を支える活動...    
<記事全文を読む>