国内トップクラスのスポーツ選手の正規雇用を促し、競技活動を支援する事業に、秋田県が乗り出している。一定の実績のある選手を採用する県内事業所へ雇用奨励金を支給するほか、その選手の競技活動経費を補助する制度を2017年度に設ける予定だ。県スポーツ振興課によると、選手を雇用する事業所に対して行政が金銭面で支援するのは全国でも珍しいという。

 本県はスポーツ立県を掲げて競技力向上を目指しているが、働きながら競技を続けたい選手の受け皿となる県内事業所は多くないのが現状だ。県は開始予定の制度によって受け皿を増やし、選手が競技に打ち込める環境を整備したいとする。採用されて定住・移住した選手には、現役と...    
<記事全文を読む>