大相撲東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)が28日、堺市内の宿舎で春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)に向けた稽古を再開した。2場所ぶりに三役に復帰し、目標は三役で初の勝ち越し。2横綱2大関を破った1月の初場所に続く躍進を目指し調整を進める。

 初場所を11勝4敗で終えた御嶽海は2月中、都内で行われた春日野部屋との連合稽古で、巨漢の幕内碧山と1日15番を計12日間取った。故障はなく、稽古再開となったこの日は体重約200キロの三段目出羽ノ城に胸を出した後、元十両の幕下出羽鳳の胸を15分間にわたって繰り返し押した。

 四股、すり足の基本動作の間を含め、目立...    
<記事全文を読む>