男子プロゴルフツアー・チャレンジトーナメント開幕戦、Novil Cup(ノヴィルカップ)2017が31日、阿波市土成町のJクラシックゴルフクラブ(7206ヤード、パー72)で開幕した。144人(うちアマチュア3人)が4月2日までの3日間、熱戦を繰り広げる。

 あいにくの雨の中、選手はアウト、インに分かれて午前7時半から順次スタート。ツアー優勝経験のある横尾要、横田真一、丸山大輔、宮里聖志や県出身の亀代順哉、山岡成稔、高橋佳伸らが正確なショットでギャラリーを沸かせた。

 大会は日本ゴルフツアー機構(JGTO)主管の県内唯一の男子公式戦で11回目。31日と4月1日の2日間で予選(計36ホール)...    
<記事全文を読む>