アクサ・レディース第2日(25日・宮崎県UMKCC=6484ヤード、パー72)ともにツアー初優勝を狙う21歳の柏原明日架と22歳の川岸史果が通算7アンダーの137で首位に並んだ。雨の中、29位から出た柏原は66、前日17位の川岸は67で回った。

 3年ぶりの大会制覇を狙う前日首位の渡辺彩香(大東建託、熱海市)は、首位と1打差の3位で香妻琴乃と並んだ。笠りつ子は通算3アンダーの7位。松森杏佳は16位、松森彩夏は41位と姉妹とも後退した。3オーバーまでの61選手が決勝ラウンドに進み、昨季賞金女王のイ・ボミ(韓国)は予選落ちした。

...    
<記事全文を読む>