4月8、9日に行われるゴルフの第34回岐阜オープンクラシック2017(岐阜新聞・ぎふチャン主催)の開催を前に、会場となる各務原市須衛天狗谷の各務原カントリー倶楽部で19日、プロとアマチュアが親睦を深める「プロアマチャリティーゴルフ会」が開かれた。

 プロは昨年の岐阜オープン覇者の上田諭尉選手をはじめ、桑原克典選手、今野康晴選手らそうそうたる顔ぶれの男女12人が参加。田中良幸サンメッセ会長、菊池清アーレックス社長、髙井宏康新日本ガス社長ら32人が一緒にラウンドした。

 ホールアウト後、チャリティーオークションが催され、プロ愛用のグッズなどが競りに出された。集まった43万円は、岐阜新聞岐阜放送...    
<記事全文を読む>