1打差2位 大山ら3人 ヨコハマタイヤPRGR(プロギア)レディス第2日は3月11日、土佐CC(6228ヤード、パー72=観客4885人)でアマ6人を含む108選手が出場して予選第2ラウンドを行い、初日首位の青木瀬令奈が通算6アンダーでトップを守った。1打差の2位に大山志保、藤崎莉歩、キム・ハヌルの3人が続いた。

 東日本大震災から6年となるこの日のラウンド開始前、選手らが練習グリーンで犠牲者に黙とうをささげた。

 2位に3打差の7アンダーでスタートした青木はこの日2バーディー、3ボギーでスコアを一つ落としたが、1打差で首位をキープした。大山は3アンダーの4位から、16~18番の3連続バーデ...    
<記事全文を読む>