ゴルフのヨコハマタイヤ・プロギアレディス大会本部は3月6日までに、本大会出場予定の108選手を発表した。ツアー通算23勝で高知県の明徳義塾高校出身の横峯さくら選手が3年ぶりに参戦。ほかにも、大会史上初の連覇で3度目優勝を狙う、2年連続賞金女王のイ・ボミ選手や、2016年賞金ランク3位の笠りつ子選手、開幕戦を制した元賞金女王のアン・ソンジュ選手ら、トッププロが集結する。8人目の女王に輝くのは誰か。

 3月10日開幕。会場は高知県香南市の土佐カントリークラブ(CC)(6228ヤード、パー72)。3日間のストロークプレーで、賞金総額8千万円(優勝1440万円)を争う。予選2日間の上位50位タイ...    
<記事全文を読む>