日本女子ゴルフツアー開幕戦、第30回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)最終日が5日、南城市の琉球GC(6617ヤード、パー72)で行われ、2位スタートしたアン・ソンジュ選手(韓国)が通算6アンダーの282とし、逆転で7年ぶり2度目の優勝を果たした。優勝賞金は2160万円。

 通算9オーバーで46位 「アンダーを出す気満々だったので、すごく悔しいですね」。5年連続ベストアマを獲得した新垣比菜(興南高3年)は、浮かない表情だった。

 21位で出たこの日、バーディーなしの5ボギー、1ダブルボギーと大崩れした。スコアを七つ落とす通算9オーバー。順位も予選通過した...    
<記事全文を読む>