プロゴルファーの宮里藍の故郷・東村が宮里3きょうだいを中心に、日本国内外で活躍する村出身の文化人・スポーツ選手らの功績をたたえる「東村文化・スポーツ記念館」を村内に開館する。ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最終日翌日の6日、落成式を行う。

 現役中の選手の記念館が設立されるのは異例。宮里藍は「評価していただいていることはありがたい」と話し、「ゴルフをしたいという東村の子どもらの刺激になれば」と期待している。

 記念館内の展示施設には兄の聖志、優作と自身がこれまで使用したクラブやゴルフバッグ、ウエアなどのゴルフグッズが飾られる。2年ほど前に設立についての話を聞いたといい、「知ら...    
<記事全文を読む>