鹿児島市の鹿児島高校では1日、国内女子プロゴルフツアー最年少優勝記録を持つ勝みなみ選手(18)が卒業し、「アマチュア2勝目を挙げ、早くプロになりたい」と抱負を述べた。進学せず県内を拠点に活動を続ける。

 式では、緊張した表情だったが、時折同級生とにこやかに言葉を交わす場面もあった。報道陣に対し、「朝は泣くと思ったが、涙は出なかった。学校で学べることはすべて学べた」と笑顔だった。

...    
<記事全文を読む>