第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの前夜祭が28日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた。大会に出場するプロ選手のほか、県内外の経済関係者ら過去最多の約650人が参加して交流を深めた。ダイキン工業取締役会長の井上礼之大会長は30周年の節目となることに触れ、県民の声援や関係者の熱意、支援に感謝した。

 6年ぶりに出場する宮里藍ら県勢選手も参加。宮里に憧れ、今回初出場を決めたアマチュアの比嘉里緒菜は「練習ですれ違い、緊張が高まった」と顔を赤らめる。「プロとしてのプレーを勉強しつつ、自分のプレーに集中する」と予選通過に向けて意気込んだ。

 大会の誕生に...    
<記事全文を読む>