箱根駅伝3連覇の青山学院大陸上競技部の原晋(すすむ)監督と選手10人が30日、鹿島市高津原の市陸上競技場で県内外の小・中・高校生約200人を指導した。

 原監督自ら、練習前後に取り組むストレッチを披露。「体の筋肉について勉強してください。きっと役に立つ」と呼び掛けた。

 鹿島実高陸上部主将の藤永優沙さん(17)は「青学の選手や原監督は憧れの存在。教えていただいたストレッチを部活でやってみます」と目を輝かせた。

 青学大陸上部は、鹿島市の誘致事業に応じて今年初めて市内で合宿。4月3日まで滞在する。=2017/03/31付 西日本新聞朝刊=

...    
<記事全文を読む>