日本陸連は2020年東京五輪の男女マラソン代表選考で新方式の導入を検討していることが29日、分かった。17年度から19年春までの指定大会で陸連が設定した順位やタイムなどの条件をクリアした選手が新設される19年秋の代表決定戦に進む2段階方式で行われる。代表決定戦の男女上位各2人は東京五輪代表に決定する。

 残り1枠は指定大会で条件をクリアした選手の中から、19年秋から20年春までの国内指定大会で最高タイムを出した選手が選ばれる。

 代表決定戦は東京で行われる見込みで、開催時期など詳細は4月18日の理事会で話し合われる。

 陸連幹部は「五輪代表には安定性が求められ、そのためには、最低2レースで好...    
<記事全文を読む>