2020年東京五輪のマラソン代表の選考について、日本陸上競技連盟が19年秋以降に開く選考大会で男女上位各2人を代表に決める新方式を導入する方向で調整していることが29日、分かった。選考大会への出場権は、北海道マラソン(8月・札幌)など今夏から19年春までの指定大会で日本陸連が求めるタイム、順位をクリアした選手に与える2段階での選考となる。

 代表は男女各3人の予定で、残る1枠は19年秋から20年春までの国内指定大会で日本陸連の設定記録を突破した中で、最高のタイムを出した選手に決める。複数レースの成績を比較する従来方式から大幅な転換となり、選考の透明化が期待できる。4月中旬にも開く臨時理事...    
<記事全文を読む>