宮崎市で行われている陸上男子短距離の日本陸連強化合宿は28日、報道陣に公開され、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した桐生祥秀(東洋大)は「今季はリレーで昨年のタイム(37秒60)を上回る走りをして、金メダルを狙いたい」と世界選手権(8月、ロンドン)へ意気込んだ。

 リレーメンバーの山県亮太(セイコーホールディングス)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生、ケンブリッジ飛鳥がそろって練習するのは、リオ五輪以降で初めて。日本の武器であるアンダーハンドパスを入念にチェックした。日本陸連の苅部俊二強化コーチは「バトンパスは完成形に近い。あとはミスをなくして、精度を上げること。東京...    
<記事全文を読む>