女子短距離のエース福島千里が28日、プロ転向後最初のレースとなる米国遠征に向け出発した。新千歳空港で取材に応じた福島は、今季の目標である世界陸上(8月・ロンドン)を念頭に、「試合や大会が一番練習になる。現状や課題を把握して、今後につながるレースにしたい」と抱負を話した。

 4月1日に行われるテキサス州のレースを皮切りに、8日と15日はカリフォルニア州のレースを転戦。100メートルと200メートルを走る。この時季の海外遠征は合宿中心にオーストラリアで行ったことがあるが、米国は初めてで「どれが自分に合っているか、いろいろなパターンを試す」と話した。

...    
<記事全文を読む>