室蘭市の入江運動公園陸上競技場で、学生の春合宿がピークを迎えている。多い日は一日300人以上に利用されている。

 雪が少ない室蘭地方。今年は職員が除雪機や手作業で精力的に除雪を行い、2月下旬からトラックは8レーンすべてが使えるようになった。3月中旬には場内からほぼ雪が消え、今月18日に第1陣の留萌高、旭川明成高、岩見沢緑陵高などが合宿に訪れた。「昨年からインターネットで競技場のライブ映像を流しているので問い合わせなしで来る学校や日帰りの利用も増えている」(同競技場)。

 26日は237人が競技場入り。さらに27日は札幌医大、北大医学部、旭川医大の陸上部のほか、24日過ぎから室蘭入りしている...    
<記事全文を読む>