とくしまマラソン2017に、視覚障害者と伴走ランナーでつくるランニングクラブ「阿波を共に走る会」から、視覚障害者と伴走ランナーのペア2組が出場する。マラソンは、視覚障害者と健常者が共に楽しみ、競い合えるスポーツの一つ。4人は走る姿を通して、視覚障害者がマラソンに参加することへの理解を訴える。

 出場するのは、視覚障害のある伊藤淳子さん(62)=徳島市南矢三町3、無職=と望月健太郎さん(38)=同市沖浜町栄開、徳島視覚支援学校教諭、伴走ランナーの福島賢太郎さん(48)=同市助任本町2、会社員=と加藤智子さん(38)=北島町中村、リラクゼーションセラピスト。伊藤さんは福島さんと、望月さんは加...    
<記事全文を読む>