日本陸上競技連盟の男子短距離陣が、本県で初めての強化合宿に入っている。昨年のリオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥選手、飯塚翔太選手ら400メートルリレーと、1600メートルリレーのチーム。今後銀メダリストの桐生祥秀選手や山縣亮太選手らも合流し、計34人で30日までバトンパスなどを中心に練習する。期間中は28日のみ一般公開される。

...    
<記事全文を読む>